れいといちかとまほうのトンネル

日本初!3歳から目で見てわかる
はじめてのプログラミング絵本

「考えるよりも、楽しんでほしい」
いつもどおりの読み聞かせで
自然とプログラミングのエッセンスが身につく絵本です。

れいといちかとまほうのトンネル

公式ページでの注文は下のボタンからどうぞ。初回特典でオリジナルノベルティ(クリアファイル)が付いてきます。
注文する

書店の方はこちらから注文用紙がダウンロードできます
書店の方へ

いつもどおりの読み聞かせで、楽しく自然と
プログラミングに必要な基礎力(エッセンス)が
身につく絵本 『れいといちかとまほうのトンネル』を、
3月末に刊行いたします。

読むだけで自然とプログラミングの教育に
「絵本」という形にこだわった理由は、もっと小さな子どもから、
プログラミングの楽しさを知ってほしい。
もっと“感覚的に”プログラミングに触れてほしい。
論理的に学ぶのではなく、視覚的に感じてほしい。
できれば、苦手意識を持つ前に。
そうして完成したのが、「絵本+プログラミング教育」をコンセプトにした
『れいといちかとまほうのトンネル』。
未就学児でも、読んでいるだけで自然と
プログラミング教育のエッセンスが学べる絵本です。

この絵本は、プログラミング学習の教材ではありません。
小さな子どもが、もっと自然に学べるように。もっと言えば、
「学びは後から勝手についてくる」という観点でつくりました。
身近な絵本を通してなら、「プログラミングとは何か」を定義づける前のやわらかい頭で、視覚的に理解
し吸収できると考えたからです。それが、
あくまで「絵本」という形にこだわった理由です。

トンネルに出会うたびに起こる「不思議な仕掛け」にワクワク!その仕掛けこそが……。

『れいといちかとまほうのトンネル』は、心配性の弟「れい」と、しっかり者で怖いもの知らずな姉「いち
か」が、冒険に出かけた裏山でいろいろなトンネルに出会うワクワク楽しい物語。数字のトンネル、カラフ
ルなトンネル、星のトンネル……。へんてこなトンネルに出会うたびに不思議なことが起こります。

実は、この「不思議な仕掛け」こそが、絵本に隠された「プログラミングのエッセンス」。
「次のトンネルはどうなるんだろう?」れいといちかと一緒にワクワクしながら冒険していくだけで、自
然と魔法のトンネルの規則性を理解していけるのが本書の最大の特徴です。

<トンネルの秘密、ちょっと公開>
↓詳しい解説はこちらから↓
「れい と いちか と まほうのトンネル」解説

数字のトンネル

ボールを入れると、入れた数+1個のボールが出てきます!
ボールを何個入れたら、出口から何個出てくるかな?
カラフルトンネル

トンネルにカードを入れると、入れたカードに書いてある絵からイメージされる色のボールが出てきます。

りんごのカードを入れたら、何色のボールが出てくるかな?

星のトンネル

ボールを1つ入れても何も出てきません。

ボールを全部入れるとキラキラボールが出てくるのです!

考えるよりも、楽しんでほしい。

本書は「3歳から目で見てわかる はじめてのプログラミング絵本」と言うように、いつもどおりに読み聞
かせるだけで自然とプログラミングのエッセンスが身につく、興味づけのための絵本です。「プログラミ
ング思考」を理解する以前、数字に興味を持ちはじめる3歳頃のお子さまから楽しんでいただけます。
「考えるよりも、楽しんでほしい。ワクワクを仕掛ける楽しさを。仕掛けをカタチにするおもしろさを」
作者の一番の願いは、あくまで「絵本」として楽しんでもらうこと。
絵本を何度も読むうちに、魔法のトンネルの法則を見つけ出したり、仕組みに気づいたりするはず。その
結果、自然とプログラミングのエッセンスを理解していくことでしょう。
常に更新される「WEB 解説ページ」で、親子いっしょに理解を深めて。
保護者の方には、解説ページ(WEB サイト)でエッセンスの解説と本書の活用法を提供。子どもとのやり
取りに使える「会話の膨らませ方」などを参考に、エッセンスの理解を深めていくことができます。
また、解説ページはWEB サイトで随時更新。保護者の方には、常に有用かつ最新の情報をご活用いただけ
ます。

【書籍紹介】プログラミング教育のエッセンスが詰まった絵本
「れいといちかとまほうのトンネル」 作・かとうしんじ/絵・くらたちよ
A4 サイズ・48 ページ・上製本(ハードカバー)・フルカラー
ISBN 978-4-9911922-0-3 C8707 本体価格 1,800 円+税 2021 年3 月末刊行

【対象年齢】3歳以上(未就学児~小学校低学年)

【著者紹介】合同会社スマーティブ代表 加藤 伸二。1974 年大阪生まれ。
IT 業界で20 年以上勤務。小学校でのプログラミング教育の必修化を機に、20 年以上培ってきたIT の
知識・技術、新入社員研修や後輩の教育、育成の経験を、子どものためのプログラミング教育に活かす
ことができないかと考え、「れいといちかとまほうのトンネル」を製作。次回作も構想中。

【この件に関するお問合せ先】合同会社スマーティブ 加藤
TEL:050-3706-9356 Mail:kato@smartive.co.jp

最近の記事

  1. れいといちかとまほうのトンネル

タグクラウド

PAGE TOP