利益&回転率がアップする 最適在庫完全バイブル 【会社経営NEOマニュアル】

目次

第1章 これからの在庫管理に必要な基礎知識

1 そもそも在庫管理とは何だろう?

多くの企業に共通する在庫のジレンマ

とにかく在庫を高回転させることが急務

2 在庫管理の目的を社内で共有しよう

在庫のメリット・デメリットを確認する

まず経営者が認識を新たにすることが先決

3 顧客ニーズを満たす条件、「5適」とは?

適品:顧客がほしい商品を用意しておくこと

適量:顧客がほしがる量を用意しておくこと

適所:顧客がほしがる場所で、希望の方法で納品できること

適価:きちんと利益が出る価格で提供できること

適時:顧客がほしいそのときに納品できること

在庫管理の担当者に、自社の状況を把握させよう

4 顧客ニーズと在庫効率を両立する方法

商売が大きくなるにつれ、在庫拠点が散在し始める

在庫拠点が増えることで生じる「3大ムダ」

分散する在庫を統合管理して、相反両立を目指す

5 スムーズな物流活動が、在庫管理のカギになる

物流活動の3つの要素

標準的な出荷活動の流れ

標準的な入荷活動の流れ

6 時代の要請で高度化する物流活動

物流面の変化は、在庫管理に強く影響する

物流→ロジスティクス→SCMの流れで現在に至る

7 顧客ニーズの多様化に応えた「ロジスティクス」

部門間のコミュニケーションが不可欠に

他部門との連携による、在庫管理の効率化

在庫情報の統合管理が必須

8 取引企業との連携で競争力をつける「SCM」

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは何か?

迅速な在庫供給と資金回収が可能になる仕組み

9 川下企業(小売業者)に求められる在庫管理

在庫量を抑えて、陳列スペースを広く取るのが鉄則

「多頻度・少量」発注に応えてもらえる関係をつくろう

単品別に、商品の売れ筋・死に筋を見極めることが必要

10 中間企業(卸売業者)に求められる在庫管理

川上と川下をつなぐ4つの機能

情報システムへの投資が欠かせない

11 川上企業(製造業者)に求められる在庫管理

製造業者には、「素材」「部品」「組み立て」の3種類がある

自社の分野ごとに適した取り組みが求められる

12 在庫は、財務諸表のどこに計上されているか?

貸借対照表の「棚卸資産」で、在庫金額が把握できる

計上されている棚卸資産は、現段階では売れ残り

損益計算書の「売上原価」で、在庫の動きがわかる

13 「売上拡大」と「利益獲得」を常に念頭に置く

在庫リスト作成や在庫分析は手段にすぎない

リピートオーダーの確保が当面の目標になる

14 在庫回転の指標「ROA]とは?

在庫が高回転すると、総資本利益率(ROA)が向上する

 

第2章 顧客満足を高める在庫管理の流れ

1 在庫管理の質で顧客満足が決まる

商品供給の不備が、顧客離れにつながる

顧客満足度(CS)とは何か?

顧客満足度を判断する基準をつくろう

2 在庫管理には、「現品管理」と「在庫マネージメント」が必要

目的が異なる、2種類の在庫管理業務

目的が変われば、在庫量の判断基準も変わる

3 顧客視点に立って問題点を明確にする

スポーツ用品の製造・販売を行うA社の場合

悪化する流通環境で、浮き彫りになった問題点

4 流通ルートの見直しで効率を上げる

利益確保のための4つの課題

在庫拠点2ヵ所化実現の最重要ポイントとは?

5 出荷までの作業手順を確認する

A社の「受注から納品まで」の業務フロー

物流センターにおける出荷作業の優先度決め

物流センターにおける出荷作業準備

6 在庫不一致が起きるポイントはここだ!

物流センターにおける作業ミスの種類

人的ミスを誘発する受注の「波動」

在庫不一致を起こす「出庫ミス」と「出荷ミス」

CS満足と、波動最小化の矛盾をどうするか

 

第3章 現場効率がアップする棚卸実務の手順

1 棚卸は4つの点から定義される

業務の品質と生産性アップのため、周知徹底は必須

具体的に何をするかの実践ポイント

2 棚卸の前のチェックリスト作成

前回の棚卸を振り返り、改善点を確認する

3 関係部門への日時連絡で伝えるべきこととは?

仕事の調整に必要な情報を網羅する

4 まず、棚卸の全体像を把握しよう

部門間で役割の分担はどうなっている?

棚卸対象品は、どのような状態で保管されているか

5 「整理」「整頓」「清掃」を事前に済ませておく

求められる3Sのレベルとは?

通常業務で事故を起こさない心がけも大事

6 棚卸票とは何だろう?

棚卸の結果を記録する用紙のこと

棚卸票には何を書くのか

7 棚卸ミスを起こさないための対策

単位の記録に注意する

カウントミスに注意する

棚卸票に記入する際のミスに注意する

棚卸票の配布と回収時のチェック表の準備

8 正確な棚卸のための2つの方式

棚卸品目の事前コンピュータープリント方式

ハンディー端末のバーコードスキャン方式

9 カウント終了後の監査人のチェック

「立会い」は何のために行われるのか

立会い計画の立て方

立会人が行う立会業務とは?

報告書を作成して、保管現場の改善に活かそう

10 現品再確認による差異調査

まず棚卸差異表で差異をチェックする

「ロケーション順」と「棚卸対象品目順」

保管現場での差異ミスを一覧表にまとめる

11 帳簿照合による差異調査

帳簿の明細履歴をチェックする

①入荷履歴の差異調査

②出荷履歴の差異調査

棚卸結果の差異は、在庫調整として記録する

12 棚卸差異の許容範囲の目安

ミスは発生して当たり前と考えていい

13 棚卸差異調査記録を残す3つの理由

一覧表にまとめると今後の作業に便利

14 棚卸資産の棚卸評価額を算出する

売上原価を算定するための「棚卸資産額」の算出式

原価法による棚卸評価額の算出種類

原価法による、棚卸評価額の算出方法

15 今回の棚卸の記録を次回に活かす

次回の棚卸業務に役立つデータを蓄積する

棚卸作業の基準となる時間の目安

棚卸の反省テーマと今後の改善

 

第4章 在庫高回転化は在庫実態分析から

1 在庫の高回転化をめざす意義

在庫マネージメントで出荷スピードを管理する

2 品揃えサービスには2通りある

「在庫品」と「受注生産品」の違い

品揃えサービスで、社内業務が効率化する

3 ちょっとした意識の差で顧客満足度が向上する

高いクレーム率のため取引中止勧告を受けた事例

クレーム発生の問題点を洗い出すことに着手

在庫軽視は、企業の取組姿勢に原因あり

4 在庫消化率を組み込んだ営業担当の評価

「売れなかった在庫」の責任を明確にする

「売上>在庫」を徹底するルールづくり

在庫高回転に報償を出す計算方法

在庫低回転にペナルティを課す計算方法

5 在庫分析に必要な4つの情報

在庫高回転化の基本データは4種類

①商品マスター情報

②在庫マスター情報

③売上トランザクション情報

④仕入トランザクション情報

6 単品別ABC分析を重視する理由

ABC分析に必要なのは、地道なデータ蓄積

ABC分析に必要とされるデータとは?

7 ABC分析の計算概要

ABC分析には、この23項目のデータが必須となる

ABC分析の具体的な計算方法

8 単品別ABC分析の事例

単品ごとの在庫実態を押さえよう

なぜ在庫回転基準を満たせないのか?

9 品種別ABC分析の事例

品種ごとの在庫実態分析をする理由

10 会社ABC分析の事例

出荷ゼロ単品を見える化しよう

11 「パレート図」をつくろう

パレート図は在庫状況を視覚化し、わかりやすくする

「2:8の原則」は在庫数量の世界では通用しない

12 パレート図は、出荷の二極化をあらわにする

会社ABC分析のパレート図の二極化

品種別ABC分析のパレート図の二極化

13 パレート図でわかる出荷グループ特性のまとめ

ランク付けで改善点を見極めよう

A-1ランク ・・・出荷頻度のもっとも高い商品グループ

A-2ランク ・・・出荷頻度が2番目に高い商品グループ

Bランク ・・・出荷下位10%の商品グループ

Cランク ・・・出荷最下位10%の商品グループ

Dランク ・・・出荷ゼロで在庫ばかりあるグループ

14 実際にパレート図をつくってみよう

社内研修で実務能力をつける

 

第5章 在庫高回転化の基礎となる4手法

1 過剰在庫の見極めと処置方法

在庫高回転化の具体的な4つの方法

「過剰在庫」の判断基準とは?

過剰在庫処置の6つの種類

2 調達リードタイムの実態をつかむ方法

調達リードタイムを短縮するメリット

納期遅延を見える化する方法

3 調達リードタイムを厳守してもらう方法

明確でムリのないルールを再設定する

直接仕入先を訪問し、業務実態を知っておく

4 受注生産品と取り寄せ品で在庫を減らす方法

「納期回答」が最大のカギになる

5 交叉比率の分析で経営効率を向上する方法

「交叉比率」とは何だろう?

交叉比率の標準値を満たせない3つのパターン

交叉比率の基本的な計算と評価例

交叉比率計算の応用

 

第6章 不動在庫を作らないための補充型発注システム

1 在庫を高回転化するための発注方法

これまでのやり方は通用しない

取引実績をグラフにして、今後の予測を立てる

2 発注システムは4パターンある

需要に応じて、適切なやり方を選択する

<A>個別一品受注生産型の発注システム

<B>リスク負担型の発注システム

<C>判断の必要な補充型発注システム

<D>単純な補充型発注システム

3 「定量発注方式」と「定期発注方式」とは

適正な発注量とタイミングを守る基本的な方法

在庫適正化を実現するのに必要な検討テーマ

4 発注判断に必要な基礎データ

これで、発注担当者の判断がラクになる!

「①在庫」の”過去・現在・未来”のデータ

「②出荷実績」のデータ

「③出荷予測」のデータ

「④入荷」のデータ

「⑤欠品」のデータ

5 適正在庫を維持するためのやさしい発注システム

時系列データこそが、在庫適正化のカギ

9つの数値で、次に打つ手が見えてくる

6 時系列データをグラフ化してみる

「見える化」で、在庫実態の問題点が浮き彫りに!

情報システム化で、だれでも簡単に成果が出せる

7 適正発注数量の計算に必要なデータとは?

時系列データを活用して発注数を算出する

この15のデータで投資を高速回収する

★ここで一服◎予測するということ

8 適正発注数計算の前提条件とは?

最初にこれだけの事前準備をし整えよう

9 適正発注数の具体的な計算方法

第1ステップ

第2ステップ

第3ステップ

第4ステップ

多品種少量化時代に対応可能!

第7章 個別一品受注に対する特注品発注システム

1 「特注品」とは何か?

個別一品受注生産の位置づけ

特注業務のあるべき姿

2 特注業務を改善しよう

特注品は、高コストの原因になりやすい

3 特注品の在庫を定量分析しよう

望ましい特注業務の目標設定

特注業務の実態を把握する

4 特注品を受注する際の5つの問題点

「標準品ではない」ことを確認することから始まる

特注業務で注意すべき定性的問題

5 特注業務の改善課題(1)不都合点の見える化

特注業務の5つの改善課題

顧客別特注案件の在庫データ分析事例

交叉比率を計算する

顧客別在庫問題発生の定性的分析事例

6 特注業務の改善課題(2)特注業務の調達条件整備

特注の「受注から調達開始まで」の業務手順概要

特注用の仕入先情報収集ステップ(RFI)

特注用の調達依頼要望ステップ(RFP)

特注の正式見積要望ステップ(RFQ)

7 特注業務の改善課題(3)納期回答の入手と顧客への伝達

仕入先の納期遅延実態

納期回答の強化策

一時納期回答率の向上策の注意ポイント

8 特注業務の改善課題(4)仕入先訪問の促進

仕入先とのコミュニケーション促進の目的

仕入先訪問のポイント

事前に「訪問お願いリスト」を提示する

問題が発生しそうなときの訪問の手順

仕入先訪問で得られる成果

9 特注業務の改善課題(5)特注品の不回転在庫の処置

「不回転在庫」とは何か?

在庫の流動性が落ちてきたときの対処

特注品の過去の在庫状況から予想する方法

特注品の将来の在庫数を予測する方法

商品別在庫計画チェック表の活用方法

不回転在庫の取り扱いを、社内で制度化する

現場で役立つシステム設計の原則 〜変更を楽で安全にするオブジェクト指向の実践技法

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

関連記事

  1. ミライをつくろう! VRで紡ぐバーチャル創世記

    目次改定版のためのまえがきはじめにVR体験の…

  2. モバイルアプリ開発エキスパート養成読本 (Sof…

    目次第1章 モバイルアプリ開発の基礎知識1‐1 モバ…

  3. プログラマのためのGoogle Cloud Pl…

    目次1章 Google Cloud Platformの概要…

  4. 図解まるわかり セキュリティのしくみ

    目次第1章 セキュリティの基本的な考え方 ~分類して考える~…

  5. さわって学べるプログラミング図鑑

    目次かっこいいプログラマーになれるかな?分解してみよ…

  6. ソフトウェアデザイン 2019年12月号

    目次Special Feature1 サーバーレスでめざせ!…

  7. プログラミング教育が変える子どもの未来 AIの時…

    目次第1章 なぜ、プログラミングを学ぶの?■ なぜ、…

  8. JavaScript フレームワーク入門

    目次Chapter1 JavaScript とフレームワーク…

最近の記事

  1. れいといちかとまほうのトンネル

タグクラウド

PAGE TOP