AWS認定資格試験テキスト AWS認定 ソリューションアーキテクト-アソシエイト

目次

第1章 AWS認定資格

1-1 AWS認定試験の概要

AWS認定試験とは

資格の種類

取得の目的

AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト

1-2 学習教材

公式ドキュメント

オンラインセミナー(AWS Black Belt)

ホワイトペーパー

講座

実機での学習-ハンズオン(チュートリアル&セルフペースラボ)

AWS関連書籍

1-3 学習の進め方

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト(SAA)合格へのチュートリアル

サービス対策

アーキテクチャ対策

1-4 何に重きをおいて学習すべきか

重点学習ポイント

重点学習サービス

 

第2章 グローバルインフラストラクチャとネットワーク

2-1 リージョンとアベイラビリティゾーン

AZの地理的・電源的独立による信頼性の向上

マルチAZによる可能性の向上

2-2 VPC

IPアドレス

サブネット

サブネットとAZ

ルートテーブル

セキュリティグループとネットワークACL

ゲートウェイ

VPCエンドポイント

ピアリング接続

VPCフローログ

 

第3章 ネットワーキングとコンテンツ配信

3-1 CloudFront

CloudFrontのバックエンド

ディストリビューション

キャッシュルール

3-2 Route 53

ドメイン管理

権威DNS

トラフィックルーティング

トラフィックフロー

DNSフェイルオーバー

 

第4章 コンピューティングサービス

4-1 AWSにおけるコンピューティングサービス

4-2 EC2

EC2における性能の考え方

費用の考え方

スポットインスタンスとリザーブドインスタンス

4-3 ELB

ELBの種類

Auto Scaling

ILBとAuto Scalingを利用する際の設計ポイント

4-4 ECS

ECSの特徴

AWSにおけるその他のコンテナサービス

4-5 Lambda

Lambdaがサポートしているイベントと、よく使われるアーキテクチャパターン

Lambdaがサポートしているプログラミング言語

Lambdaの課金体系

 

第5章 運用支援サービス

5-1 AWSにおける運用支援サービス

5-2 CloudWatch

CloudWatch

CloudWatch Logs

CloudWatch Events

5-3 CloudTrail

CloudTrailで取得できるログの種類

CloudWatch Logsとの連携

 

第6章 ストレージサービス

6-1 AWSのストレージサービス

ストレージサービスの分類とストレージのタイプ

6-2 EBS

EBSのボリュームタイプ

ペースライン性能とバースト性能

EBSの拡張・変更

可用性・耐久性

セキュリティ

6-3 EFS

EFSの構成要素

EFSのパフォーマンスモード

EFSのスループットモード

6-4 S3

S3の構成要素

S3の耐久性と整合性

ライフサイクル管理

バージョニング機能

Webサイトホスティング機能

S3のアクセス管理

署名付きURL

データ暗号化

6-5 Glacier

Glacierの構成要素

データの取り出しオプション

Glacier Select

データ暗号化

6-6 Storage Gateway

Storage Gatewayのタイプ

セキュリティ

 

第7章 データベースサービス

7-1 AWSのデータベースサービス

データベースの2台アーキテクチャ

RDBとNoSQLの得意不得意を理解する

7-2 RDS

RDSで使えるストレージタイプ

RDSの特徴

Amazon Aurora

7-3 Redshift

Redshiftの構成

Redshiftの特徴

7-4 DynamoDB

DynamoDBの特徴

7-5 ElastiCache

Memcached版ElastiCacheの特徴

Redis版ElastiCacheの特徴

 

第8章 セキュリティとアイデンティティ

8-1 セキュリティとアイデンティティ

AWSのアカウントの種類

AWSアカウント

IAMユーザー

IAMの機能

IAMポリシー

IAMユーザーとIAMグループ

IAMロール

8-2 KMSとCloudHSM

KMSとCloudHSM

KMSの機能

マスターキーとデータキー

クライアントサイド暗号化とサーバーサイド暗号化

8-3 AWS Certificate Manager

証明書の役割と種類

ACM

 

第9章 アプリケーションサービス

9-1 AWSのアプリケーションサービス

AWSのアプリケーションサービスに共通する基本的な考え方

9-2 SQS

StandardキューとFIFOキュー

ロングポーリングとショートポーリング

可視性タイムアウト

遅延キューとメッセージタイマー

デッドレターキュー

メッセージサイズ

9-3 SWFとStep Functions

AWSのワークフローサービス

9-4 SNSとSES

SNSの利用について

SNSを使ったイベント通知

SES

 

第10章 開発者ツール

10-1 AWSにおける継続的なアプリケーション開発の支援サービス

Codeシリーズの概要と各サービスの役割

10-2 CodeCommit

CodeCommitの特徴

10-3 CodeBuild

CodeBuildの特徴

10-4 CodeDeplay

CodeDeplayの特徴

10-5 CodePipeline

CodePipelineの特徴

 

第11章 プロビジョニングサービス

11-1 AWSにおけるプロビジョニングサービス

11-2 Elastic Beanstalk

Elastic Beanstalkで構築できる「定番」構成

Elastic Beanstalkの様々な利用方法

アプリケーションデプロイのサポート

11-3 OpsWorks

OpsWorksスタック

OpsWorks for Chef Automate

11-4 CloudFormation

CloudFormationスタック

CloudFormationテンプレート

 

第12章 分析サービス

12-1 EMR

EMRのアーキテクチャ

分散処理基盤としてのEMR

分散処理アプリケーション基盤としてのEMR

12-2 ETLツール

Kinesis

Data Pipeline

 

第13章 AWSのアーキテクチャ設計

13-1 AWSにおけるアーキテクチャ設計

13-2 回復性の高いアーキテクチャ

回復性の高いアーキテクチャの構成要素

13-3 パフォーマンスに優れたアーキテクチャ

リソースの選択

リソースの確認とモニタリング

トレードオフの判断

13-4 セキュアなアプリケーションおよびアーキテクチャ

AWS利用に関するセキュリティ

構築したシステムのセキュリティ

13-5 コスト最適化アーキテクチャ

需給の一致

インスタンス購入方法によるコスト削減

アーカイブストレージの活用

通信料

コストの把握

13-6 オペレーシナルエクセレンスを備えたアーキテクチャ

コードによるオペレーション(Infrastruture as Code)

障害時の対応

変更の品質保証

 

愛14章 問題の解き方と模擬試験

14-1 問題の解き方

単一障害点のある設計になっていないか

スケーリングする設計になっているか

セキュリティ面に問題はないか

コスト最適化がされているか

14-2 模擬試験

14-3 模擬試験の解答

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Vue.jsのツボとコツがゼッタイにわかる本

AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー

関連記事

  1. 60分でわかる! プログラミング教育 最前線

    目次Capter1 今こそ知りたい!プログラミング教育が拓く…

  2. WEB+DB PRESS Vol.112

    目次特集1 React/Vue.jsで実践!コンポーネント設…

  3. WEB+DB PRESS Vol.108

    目次特集1 効率急上昇! スキーマ駆動 Web API開発…

  4. UnityによるARゲーム開発 ―作りながら学ぶ…

    目次1章 はじめに2章 プレイヤーの位置のマッピング…

  5. SpringFramework4プログラミング入…

    目次Chapter1 SpringFramework の準備…

  6. ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・…

    目次序章 フレームワークを活用するために…

  7. たのしい2Dゲームの作り方 Unityではじめる…

    目次第1部 ゲームを作る準備Chapter 01 ゲ…

  8. ある日、クラスメイトがロボットになったら…

    目次序章 コンピュータを使わないコンピュータ教育へ第…

最近の記事

  1. Microsft .NET C#
  2. れいといちかとまほうのトンネル
PAGE TOP