基礎からわかる Scala

目次

Chapter1 Scala の概要

001 Scala の概要

002 Scala の特徴

003 Scala の利点

004 関数型プログラミング言語による関数型プログラミング

005 開発環境の構築

Chapter2 Scala の基本構文

006 関数

007 クラス

008 名前付き引数

009 多重定義

010 タプル

011 リテラル

012 オーバーライド

013 同名の複数定義と定義キーワード

014 プリミティブ型/Unitクラス型

015 多重代入(変数初期化)

016 暗黙の型変換(Implict)

017 演算子/特殊記号

018 ループ構文

019 条件分岐

020 省略構文

021 ヒアドキュメント

022 パッケージ宣言/利用

023 パターンマッチング

024 カーリング(Currying)

Chapter3 Javaとの連携

025 JavaプログラムとScalaの相互連携

026 ScalaにJavaのクラスライブラリをインポートする(Java資産の活用)

027 ScalaプログラムでJavaオブジェクト・メッソドを利用する

028 Scalaでコンパイルして生成したクラスをJavaプログラムから利用する

029 JavaとScalaの相互運用について

Chapter4 Scala独自のクラスとオブジェクト

030 シングルトンオブジェクト

031 コンパニオンクラス/コンパニオンオブジェクト

032 ケースクラス

033 ケースオブジェクト

034 値クラス

035 値オブジェクト

036 汎用トレイ

Chapter5 パターンマッチングによる条件分岐

037 「match」式の利用

038 ワイルドカードパターン

039 定数パターン

040 変数パターン

041 変数束縛パターン

042 条件束縛パターン

043 型付きパターン

044 固定長シーケンスパターン

045 任意長シーケンスパターン

046 タプルパターン

047 コンストラクタパターン

048 抽出子パターン

049 パターンの入れ子構造

050 ケースクラスによるパターンマッチング

051 ケースオブジェクトによるパターンマッチング

052 Optionによるパターンマッチング

053 正規表現によるパターンマッチング

054 再帰処理によるパターンマッチング

055 XMLタグ記法によるパターンマッチング

Chapter6 トレイト

056 トレイト

057 ミックスイン

058 トレイトの初期化

059 トレイトのメッソドの実装

060 トレイトによる多重継承

061 型のトレイト

062 トレイトを利用したソースファイル分割

063 トレイトによるAOP(アスペクト指向プログラミング)

Chapter7 ジェネリクス(型パラメータ)

064 ジェネリクスとは

065 ジェネリクスの種類

006 ジェネリクスのメリット

067 ジェネリクスのさまざまな使い方

068 型パラメータの境界

069 型パラメータの変位

070 型パラメータの制約

071 context boundによる暗黙のパラメータの省略

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

UnityによるARゲーム開発 ―作りながら学ぶオーグメンテッドリアリティ入門

関連記事

  1. 問題解決ができる! 武器としてのデータ活用術 高…

    目次第1章 これからの時代に求められるデータ「活用」リテラシ…

  2. できるキッズ 子どもと学ぶ JavaScript…

    目次第1章 JavaScriptプログラ…

  3. ソースコードで体感するネットワークの仕組み ~手…

    第1章 本書で扱うプロトコル1-1   ネットワークプロトコ…

  4. スピードマスター 1時間でわかる Webライティ…

    目次1章 なぜWebライティングが重要なのか01 日…

  5. キャッシュレス時代のクレジットカード&…

    目次introduction 今からキャッシュレスに慣れてお…

  6. プログラマを育てる脳トレパズル 遊んでおぼえるP…

    目次Part1 ○×ゲームでおぼえるプログラミングの基本プロ…

  7. TECHNICAL MASTER はじめてのAn…

    目次Chapter01 イントロダクション01‐01…

  8. 図解まるわかり ネットワークのしくみ

    目次第1章 ネットワークのきほん ~ネットワークの全体像を理…

最近の記事

  1. Microsft .NET C#
  2. れいといちかとまほうのトンネル
PAGE TOP