人と人とのつながりを財産に変える オンラインサロンのつくりかた

目次

第1章 オンラインサロンとは?

1-1 オンラインサロンとはなにか

オンラインサロン=コミュニティ+月額課金

今コミュニティが注目される理由

1-2 なぜオンラインサロンがブームになっているのか

参加者が得られる4つのメリット

オンラインサロンの4つの機能

「お金を払ってでも働きたい」という価値観

 

第2章 どんなサロンをつくるか決める

2-1 サロンとオーナーの型を知る

3つのサロン型とオーナーに必要な資質を押さえる

周りから見た自分のポジションを知る

2-2 サロンのテーマを決める

経験を整理して、サロンのテーマを見つける

「テーマ×ポジション」でサロンの方向性を決める

2-3 どんな人を集めるのか決める

サロンへ課金ができるターゲットを探る

サロン会員による広がりがあるか考える

2-4 提供価値と価格設定

テーマ×ターゲットで価格が決まる

競合サービスをリサーチする

 

第3章 コンセプトとビジョンを考えよう

3-1 コンセプトとはなにか

サロンのすべてがコンセプトに集約される

コンセプトの3つの役割

3-2 オンラインサロンのコンセプトをつくる

ターゲットを設定する

ターゲットの悩みに共感して「ハッピーな未来」を提示する

既存サービスとは異なる課題を設定する

陥りやすい失敗6パターン

3-3 オンラインサロンで目指すビジョンを描く

ビジョンとはなにか

ビジョンを語るか、ノウハウを語るかで、集まる人が全然違う

ビジョンづくりのフレームワーク

3-4 ビジョンづくりの2つのハードルを越える

ハードル1:魅力的なビジョンがつくれない

ハードル2:集まる会員をまとめきれない

3-5 ビジョンでメンバーをサロンに巻き込む

ビジョンに共感してくれる人を巻き込もう

15分でできる理想のメンバーの見つけ方

理想のメンバーをサロン会員として巻き込む6つのステップ

コミュニティが自走するための4つの要素を押さえよう

 

第4章 オンラインサロンのコンテンツづくり

4-1 コンテンツに欠かせない「環境の5要素」を押さえる

コンテンツを通して「環境の5要素」を提供する

コンセプトに合わせて学びのコンテンツを配置する

わかりやすい目標を設定する

仲間意識を高めてヨコのつながりを強める

ロールモデルを通して、サロンの成功ストーリーを示す

モチベーションを維持できるペースメーカーを用意する

オンラインサロンの環境の5要素を考えるためのヒント

4-2 コンテンツを設計する

環境の5要素に合わせてコンテンツの大枠を考える

具体的なカリキュラムを作成する

いつ入会者が入ってもついていける場とカリキュラムづくりの4つの施策

4-3 カスタマージャーニーで改善点を探る

会員の理想の姿を想像しながらコンテンツをつくる

オンラインサロンにおけるカスタマージャーニー

第三者視点でカスタマージャーニーとコンテンツを改善する

4-4 既存のサービスとオンラインサロンバランスを考える

コンテンツの質と量のバランスを考える4つの注意点

既存のサービスとの分類を明確にする

 

第5章 オンラインサロンの会員募集

5-1 会員募集の全体像を把握する

会員募集のための4つを押さえる

集客のスタート地点の違いを知ろう

5-2 専門家として認知・信頼を得る

SNSやブログで情報を発信する

認知度0~ファンをつくる近道

魅力的な発信の3つの特徴

「発信のレシピ」でファンを獲得できる意見を作る

専門性を伝えるためのブログタイトルテンプレート

専門家として信頼されるプロフィールを書く

プロフィールで押さえておきたい3つのポイントの整理のしかた

SNSを使って、自分の存在を発信しておく

5-3 発信にリアクションしてくれる人を集める

SNSやブログで個別のメッセージを送る

相手との関係性を理解してメッセージを送る

3ステップで「お誘いメッセージ」を送る

相手の返信から自分の立ち位置を見分ける

オンラインサロンのがあったら参加してみたいかを確認する

5-4 見込み顧客リストをつくる

誰を見込み顧客リストに入れるか

リスト管理には便利なツールを使おう

狙う客層によって見込み顧客リストはつくりなおす

5-5 会員募集のための集客を行う

オンラインサロンの募集の際に使いたい4つの集客パターン

①自分×リアル:一人ひとり口説いて会員を獲得する

②自分×ネット:ベースとなる会員募集を作成する

③他人×リアル:自分の認知をより広げる

④他人×ネット:効率よく会員を獲得する

「販売する前に、9割決まっている」という事実

 

第6章 オンラインサロンの運営手順

6-1 会員が入会する前の準備

会員が継続を考える4つのタイミングを押さえる

カスタマーサクセスマップをつくる

入会フローを整備する

入会する会員を審査する場合

サロンのコンセプト・目的・ルールを言語化しておく

6-2 入会直後に行うこと

会員が入会したら、すぐにマニュアルを届ける

サロンの情報を1ページにまとめる

入会直後の行動を案内する

6-3 入会後~3ヶ月で行う事

1ヶ月以内に効果を実感してもらう

オリエンテーションで会員と直接会話する

サロンでわからないことを問い合わせる場所を明示する

協調が苦手な「一匹狼タイプ」の居場所も用意しておく

6-4 入会後~6か月で行なうこと

成長実感を持って貰えるようにサロンを設計する

6-5 入会6か月後以降に行なうこと

会員と協力して、コンテンツを拡大する

サロンの人数が100名を超えて大きくなったら解約には快く応じて、出戻りしやすい雰囲気を作る

 

第7章 オンラインサロンの運営・集客を効率化する

7-1 改善策を効率良く考える

運営ミーティングを週1回~月1回必ず行う

全体的なオンラインサロンの運営の伸びを左右する指標

7-2 ワンソース・マルチユースで、コンテンツづくりを効率化する

効率駅にコンテンツを増やす

毎月1回、メインの定例会/交流会を開催する

毎月1回、Q&Aライブセッション/オンライン相談室を開催

毎月1回、学習コンテンツを提供する

高い専門性を持つ会員にコンテンツ作りを依頼する

外部の専門家に対談を申し込む

7-3 会員が自分で仲間を集めて活動できる環境をつくる

「部活」制度で、運営効率と会員満足度を同時にアップする

会員が新しい役割を経験できる環境をつくる

オーナーとしての役割をきちんと押さえよう

 

第8章 オンライン月会費以外の売上をつくる

8-1 アップセル・クロスセルで売上をつくる

サロンの信頼を得て、中~高額商品を販売する(アップセル)

顧客の成長に応じて別商品を販売する(クロスセル)

8-2 プロデュース・アフィリエイトで売上をつくる

会員のサービスや商品をプロデュースする3つのステップ

サロン会員へ外部の商品やサービスを紹介し、紹介料を得る(アフィリエイト)

8-3 オンラインサロンとビジネスの考え方

会員とサロンの外部で一緒にビジネスを行う時の注意点

サロン運営の経験は、お金にできなくとも経験がビジネスチャンスになる

 

 

 

 

図解でわかる! 理工系のためのよい文章の書き方 論文・レポートを自力で書けるようになる方法

60分でわかる! キャッシュレス決済 最前線

関連記事

  1. 図解即戦力 要件定義のセオリーと実践方法がこれ1…

    目次1章 要件定義の基礎知識01 要件定義とは…

  2. ゼロからわかるAmazon Web Servic…

    目次CHAPTER1 Amazon Web Services…

  3. Xamarinネイティブによるモバイルアプリ開発…

    目次Part1 Xamarinの基礎Chapter1…

  4. 作って理解するOS x86系コンピュータを動かす…

    目次イントロダクション コンピュータが数を数えるしくみとC言…

  5. 知って得する! おうちの数学

    目次第1章 おうち編1-01   目覚まし時計が同時…

  6. Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

    目次Chapter1 Unityの基本を身に付けよう…

  7. More Effective C# 6.0/7.…

    目次第1章 データ型の扱い項目1 アクセス可能なデー…

  8. 人生が変わる メモと手帳のテクニック

    目次はじめに 目元手帳を使いこなせば人生は輝き出す!…

最近の記事

  1. れいといちかとまほうのトンネル

タグクラウド

PAGE TOP